造形物が語に語らせることができてこそ、本物の「造形屋」

「造形屋」である私たち秋山工房の仕事は「ものづくり」。依頼主様の希望をお聞きし、それをカタチにすることが私たちの役割です。しかし、造形という仕事の主役は「あくまでも造形物」であるべき、というのが私たちの目指す「造形」の姿です。秋山工房の「造形屋」としてのこだわりと矜持を、ぜひご一読ください。

秋山工房は黒子に徹します

「この造形物は、こんな意図で制作しました」「見た人には、こんなことを感じとってほしい」

――そんな風に、造形屋が言葉を尽くして作品の解説をすることは簡単です。しかし、それは真の「造形屋」の姿ではないと、私たちは考えます。

「造形屋は本来、多くを語るべきではない。作品に語らせるべきである」というのが、秋山工房の信条。あくまで主役は作り上げた造形物であり、造形屋は黒子です。

「造形屋」だからできることを

「造形屋」だからできることを

過去、「造形」と名のつく仕事はすべて、「造形屋」が行っていました。

しかし近年、私たちのような、いわゆる「造形屋」の数は減りつつあります。造形分野に活用できる機械技術が進んだこと、造形業界におけるジャンルの細分化と、それに伴う業者の特定ジャンルへの特化などが、その理由として挙げられるでしょう。

そして、そういった業界全体の変化に応じて若い人材が増え、その一方で、古きを知る人材が減りつつあります。

そんな状況の中、私たち秋山工房は「造形屋」として、これからどこへ向かうべきか? そう自問自答したとき、たどり着いた答えは、「造形屋だからできる仕事をして、造形業界に入ってくる若者たちに夢を持ってもらうこと」でした。

「造形屋」という職業があること。そして、「造形屋」だからこそできる仕事があるということ。その素晴らしさをもっと広めていきたい。……これが偽らざる私たちの想いです。

「造形」の新たな可能性を求めて

「造形屋」のこれまで、そしてこれからを守っていくためには、新しい挑戦も必要です。秋山工房は、業界の垣根を越えた新しい展開も積極的に提案し、造形の可能性をさらに広げていくことに尽力します。

そして、「なんだこれ?」「おおっ!」と思わず足を止めてしまうような驚きや感動を、一人でも多くの方に届けることをお約束します。