原形制作の流れをご紹介します

こちらでは、「造形屋」株式会社秋山工房が原形制作をご依頼いただいてから、制作完了し、納品するまでの流れをご紹介しています。当社では、造形屋としてさまざまな造形物のご注文を承っています。豊富な実績・経験・知識を活かし、素材や造形方法などをご提案しますので、造形物のことなら何でも、まずはお気軽にお問い合わせください。

原形制作の流れ

原形制作は、フィギュア制作の際には欠かせない工程です。秋山工房では、原形制作を以下のような工程で進めていきます。

【1】打ち合わせ
まずは、どういったフィギュア原形が必要なのか、詳しく仕様を把握するため、形・サイズ・ご予算などについての打ち合わせを行います。このとき、必要に応じて写真やキャラクター原案・原作、完成フィギュアのサンプルなどの資料もお預かりします。秋山工房では、実際に制作に携わる人間が打ち合わせを行うことにより、依頼者との齟齬をできるだけ少なくしています。
【2】原形制作
原形師が、打ち合わせ内容・お預かりした資料をもとに、原形を制作していきます。
粘土・発泡スチロールを手彫したり、3DプリンターやNC切削機など、状況に応じて一番適した方法で制作を行います。
【3】ディレクション
通常、原形の制作は1段階だけでは完了しません。「ディレクション」と呼ばれる微調整を重ね、ご依頼内容に沿った原形になるように、また少しでも良い原形となるように、細かい部分の修正を行います。
【4】原形完成
細かい部分の修正や磨き作業などが終われば、原形制作は完了です。